収入印紙は財務省が発行している証票である印紙の一つで租税や手数料などの徴収のためのものです。収入印紙の金額は記載されている契約金額によって異なり、契約金額が高くなればなるほど収入印紙の金額も高くなります。

一般的に一番利用される身近なケースとしては飲食店などでの領収書を発行する時に使われるケースではないでしょうか?私自身も飲食店で従業員をしている時によく領収書に収入印紙を貼ることがよくありました。

それまでは収入印紙を見たこともなかったのでルールを理解するのになかなかの時間がかかったことを今でも覚えています。収入印紙はコンビニで購入することができますが、コンビニでは200円の収入印紙など少額のものしか扱っていないことが多く、数千円以上の収入印紙は郵便局や法務局での購入となることが一般的です。

もちろん、コンビニの中には売られているところもあるかもしれませんが、切手のように取扱いは同じコンビニでも店によって変わってくるので確認する必要が出てくるでしょう。

収入印紙を領収書に貼る場合は割印をする必要があります。もし割印を忘れてしまったら無効になってしまうことになるので受け取る側も収入印紙のあるなしはもちろんですが、割印にも注意しておきたいですね。http://graceage-beauty.com/