MENU

敏感肌のための日焼け止めの選び方

一昔前までは、こんがりと綺麗に日焼けした肌こそが、健康的な肌と言われていたものです。
ですが紫外線等の悪影響が明らかとなった現在では、逆に日焼けしていない白い肌こそが、肌にとって健康的だとなっています。

 

 

実際日焼けし過ぎると、皮膚癌の原因になるだけでなく、シワや染みといった美肌の大敵とも言える症状になってしまうものです。

 

 

なので特に女性は、美しい白い肌を維持しようと、念入りに日焼け対策を行う人が多かったりします。
そんな日焼け対策の方法として有効なのが、日焼け止めを塗る事です。
というのも日焼けというのは、それこそ短時間、ベランダで洗濯物を干すといった場合でも起こってしまいます。

 

 

なので陽射しが強くなる夏場は特に、海やプールに出掛ける時以外でも、外出する際はきちんと日焼け止めを塗って、日焼け対策を行う必要があるのです。

 

 

ただし現在、日焼け止めというのは様々なメーカーが様々な商品を販売しています。
しかも中には刺激が強い商品も存在しているので、敏感肌の人は選ぶ際には注意が必要です。
というのも敏感肌の人だと陽射しによる悪影響ではなく、日焼け止めの刺激により、肌トラブルを引き起こす危険性があります。

 

 

なので敏感肌の人は、刺激の強い商品を避ける必要があるのです。
そして刺激が強い日焼け止めか否かの見極めですが、無香料で無着色といった商品であれば比較的刺激が弱いケースが多かったりします。

 

 

なので購入する際は、無香料で無着色と表記のある物を選ぶべきです。
更に刺激が弱い商品は、落とし易いという特徴がある物が多いので、お湯や石鹸で簡単に落とせるという特徴の商品を選び様にします。

 

 

その上で、原料をチェックして、紫外線吸収剤が使用されていない商品を選ぶ様にするのです。
というのも紫外線吸収剤は、肌に余計な刺激を与えてしまう恐れがあるので、出来るだけ含まれていない日焼け止めを選ぶ事をおすすめします。


関連ページ

ノンケミカルの日焼け止めとは?
最近話題になっているノンケミカル処方の日焼け止めが普通の日焼け止めと何が違うのかについて紹介しています。
顔用の日焼け止めの選び方
日焼け止めには様々なタイプの商品や、体のパーツによって使い分けたりすることができますが、今回は顔用の日焼け止めの特徴と選び方について紹介しています。
日焼け止めのSPFの表示の意味
日焼け止めにはSPFという表示がありますが、これがどのような意味を持っているのかを正しく理解していないと日焼け止め選びに失敗してしまう可能性もあるので要注意です。
化粧下地と日焼け止めはどっちも必要?
日焼け止めの中には化粧下地を兼ねることができる商品もありますが、通常の日焼け止めの場合の化粧下地の塗り方などについて調べてみました。
日焼け止めが肌に与える影響について
日焼け止めは紫外線から肌を守る効果がありますが、反対に肌に刺激を与えてしまう可能性もありますのでその影響について知っておきましょう。
日焼け止めスプレーのメリット
日焼け止めの種類の中でも日焼け止めスプレーを使って行う紫外線対策のメリットについて調べてみました。
日焼け止めの効果の持続時間
日焼け止めは一度塗ったら紫外線対策はバッチリと思っている方も多いと思いますが、実は効果が続く持続時間というものがあるんですよ。
日焼け止めの正しい塗り方
日焼け止めを適当に塗っていると当然のことながら紫外線防止の役割は減ってしまいますので正しい塗り方を知っておきましょう。
飲む日焼け止めに副作用はある?
飲む日焼け止めは塗るタイプと違って口の中に入れるものなのでそれに対して副作用などを心配する方も多いと思うので調べてみました。