MENU

日焼け止めは肌に悪影響になることもある?

日焼け止めには紫外線から肌を守るという重要な役割があります。
しかし、含まれる成分によっては負担をかけて悪影響を与える恐れもありますので注意が必要です。

 

 

絶対に日焼けをしたくない人はSPF値やPA値の高いものを利用しますが、値だけで選ぶと肌質に合わないものを購入してしまい、肌が乾燥したり荒れたりします。

 

むやみに高い数値のものを選ぶと肌に負担をかける要因になり、肌本来の持つ力まで奪ってしまいますので、自分に合った商品を見つけることが大切です。

 

 

日焼け止めに含まれている成分でチェックしておきたいのが紫外線吸収剤です。
これは一般的な成分であり珍しくはありませんが、実は肌に深刻な影響を与えます。

 

 

紫外線を効果的に防ぐことのできる紫外線吸収剤は、紫外線から受けた熱を吸収して肌を酸化させてしまいます。

 

長時間使用すればするほど危険度は増し、シワやシミが起こる確率が高くなります。
万が一使用してしまった場合には、しっかりとクレンジングを行って肌に残さないようにすることが大切です。
綺麗に洗い流すことでダメージは減らせます。

 

 

他にも香料や着色料は刺激を与えますので利用しない方が良いとされています。
このようにトラブルのリスクを上げる成分はたくさん存在しますが、自分に合ったものを選べば安全に効率良く紫外線対策を行うことができます。

 

無防備な状態で紫外線にさらされることはもっとも危険ですので、負担のかからない方法で対策を講じることが重要です。

 

 

日焼けをしたまま放っておくと、早めの老化が起こってシワやくすみ、シミに悩まされるようになりますので、日々の対策が大切です。
日焼け止めには美容成分が含まれていた方がコンディション維持には良いようです。


関連ページ

ノンケミカルの日焼け止めとは?
最近話題になっているノンケミカル処方の日焼け止めが普通の日焼け止めと何が違うのかについて紹介しています。
顔用の日焼け止めの選び方
日焼け止めには様々なタイプの商品や、体のパーツによって使い分けたりすることができますが、今回は顔用の日焼け止めの特徴と選び方について紹介しています。
日焼け止めのSPFの表示の意味
日焼け止めにはSPFという表示がありますが、これがどのような意味を持っているのかを正しく理解していないと日焼け止め選びに失敗してしまう可能性もあるので要注意です。
化粧下地と日焼け止めはどっちも必要?
日焼け止めの中には化粧下地を兼ねることができる商品もありますが、通常の日焼け止めの場合の化粧下地の塗り方などについて調べてみました。
敏感肌のための日焼け止めの選び方
日焼け止めは種類によっては肌に負担がかかるものもあるので敏感肌や肌が荒れやすいという人は日焼け止めの選び方に注意をしましょう。
日焼け止めスプレーのメリット
日焼け止めの種類の中でも日焼け止めスプレーを使って行う紫外線対策のメリットについて調べてみました。
日焼け止めの効果の持続時間
日焼け止めは一度塗ったら紫外線対策はバッチリと思っている方も多いと思いますが、実は効果が続く持続時間というものがあるんですよ。
日焼け止めの正しい塗り方
日焼け止めを適当に塗っていると当然のことながら紫外線防止の役割は減ってしまいますので正しい塗り方を知っておきましょう。
飲む日焼け止めに副作用はある?
飲む日焼け止めは塗るタイプと違って口の中に入れるものなのでそれに対して副作用などを心配する方も多いと思うので調べてみました。