MENU

飲む日焼け止めに副作用はある?

日焼けは美肌の大敵とのことから、日焼け止めや帽子、サングラスなど様々な対策を講じている方が多いでしょう。
もちろんこれらの方法もいいですが、日焼け止めは汗で落ちてしまいますから、その度に塗り直すが面倒とか、帽子やサングラスなどいちいち準備するのが面倒という方も多いでしょう。

 

 

そんな方に朗報です。
なんと飲む日焼け止めが登場したのです。
肌に塗ったり付けたりしないでサプリメントのように飲むだけで日焼けを防げると言います。これなら安心して外出できるでしょう。そんな飲む日焼け止めですが、副作用の心配はないのでしょうか。

 

 

 

日焼け止めを飲むというと体に悪そうですが、これは体の中から効くように作られたサプリメントなので、飲んでも全く問題ありません。
しかも紫外線をブロックしてくれる主な成分はアメリカに生息するシダ植物と天然由来なので安心です。

 

 

この成分は紫外線の中でも波長が長く、シワやたるみの原因、つまり光老化をもたらすといわれるA波を防ぐ効果があるといわれています。
しかも臨床結果が世界の皮膚科学会で証明されていると、その効果は本物なのです。

 

 

飲む日焼け止めのすごいところが、紫外線をブロックするだけではない点です。
紫外線にはビタミンDを作るという大事な役割があります。
飲む日焼け止めの摂取によってビタミンDが不足する可能性があるので、こちらのサプリには予めビタミンDが含まれています。

 

 

それ以外にもビタミンCやE、ルテインなどが含まれているので、美肌効果も期待できます。
植物由来の成分なので副作用の心配がない飲む日焼け止め。長時間屋外での作業時や、真夏のレジャー時など、通常の塗るタイプの日焼け止めにプラスすれば最強ですし、そこまで美白にはこだわらないなら飲む日焼け止めだけでもいいでしょう。


関連ページ

ノンケミカルの日焼け止めとは?
最近話題になっているノンケミカル処方の日焼け止めが普通の日焼け止めと何が違うのかについて紹介しています。
顔用の日焼け止めの選び方
日焼け止めには様々なタイプの商品や、体のパーツによって使い分けたりすることができますが、今回は顔用の日焼け止めの特徴と選び方について紹介しています。
日焼け止めのSPFの表示の意味
日焼け止めにはSPFという表示がありますが、これがどのような意味を持っているのかを正しく理解していないと日焼け止め選びに失敗してしまう可能性もあるので要注意です。
化粧下地と日焼け止めはどっちも必要?
日焼け止めの中には化粧下地を兼ねることができる商品もありますが、通常の日焼け止めの場合の化粧下地の塗り方などについて調べてみました。
日焼け止めが肌に与える影響について
日焼け止めは紫外線から肌を守る効果がありますが、反対に肌に刺激を与えてしまう可能性もありますのでその影響について知っておきましょう。
敏感肌のための日焼け止めの選び方
日焼け止めは種類によっては肌に負担がかかるものもあるので敏感肌や肌が荒れやすいという人は日焼け止めの選び方に注意をしましょう。
日焼け止めスプレーのメリット
日焼け止めの種類の中でも日焼け止めスプレーを使って行う紫外線対策のメリットについて調べてみました。
日焼け止めの効果の持続時間
日焼け止めは一度塗ったら紫外線対策はバッチリと思っている方も多いと思いますが、実は効果が続く持続時間というものがあるんですよ。
日焼け止めの正しい塗り方
日焼け止めを適当に塗っていると当然のことながら紫外線防止の役割は減ってしまいますので正しい塗り方を知っておきましょう。