MENU

日焼け止めのSPFの表示について

初夏の日差しが強くなるあたりから多くの人が日焼け止めを使い始めると思いますが、表示されている「SPF」がどういった意味かご存知でしょうか。

 

 

とりあえず数値の大きなものを買っておけば間違いないと思っている人も多いと思いますが、意味を知った上で適切な使い方をすることで美しいお肌のキープにつながりますので理解しておきましょう。

 

 

SPFとは、Sum Protection Factorの略で、その後ろに30や50など数値がついています。
この時間だけ紫外線を防止してくれると考える人も多いようですが、それは間違いです。

 

 

紫外線にはシミやたるみの原因となるA波、赤くなりシミ・そばかすの原因となるB波、オゾン層の破壊により地上に届く可能性も高まっている皮膚病の原因となるC波の3種類がありますが、日焼け止めで防げるのはA波とB波です。
そして、SPFは主に紫外線B波を防止できる時間の目安を表しています。

 

 

一般的な肌は、紫外線にあたり始めてから20分ほどで日焼け(赤く炎症する状態)すると言われています。
SPFの後ろに着いている数値は、それをその倍数だけ遅らせることができるという目安になります。

 

 

例えば、一般的な肌質の人ならSPF30だと20分の30倍、つまり日焼けするまで600分(10時間)に延長できるという意味で、全く日焼けしないという意味ではありません。

 

また、日焼けには個人差が大きいので日焼けしやすい体質の人、例えば10分で日焼けしてしまう人なら30倍でも5時間ということになります。

 

ただし、この目安はしっかりと塗られていることが条件になります。
時間の経過と共に日焼け止めは汗や服の摩擦で落ちてしまい効果が薄れるので、こまめに塗り直すことも大切です。"

 


関連ページ

ノンケミカルの日焼け止めとは?
最近話題になっているノンケミカル処方の日焼け止めが普通の日焼け止めと何が違うのかについて紹介しています。
顔用の日焼け止めの選び方
日焼け止めには様々なタイプの商品や、体のパーツによって使い分けたりすることができますが、今回は顔用の日焼け止めの特徴と選び方について紹介しています。
化粧下地と日焼け止めはどっちも必要?
日焼け止めの中には化粧下地を兼ねることができる商品もありますが、通常の日焼け止めの場合の化粧下地の塗り方などについて調べてみました。
日焼け止めが肌に与える影響について
日焼け止めは紫外線から肌を守る効果がありますが、反対に肌に刺激を与えてしまう可能性もありますのでその影響について知っておきましょう。
敏感肌のための日焼け止めの選び方
日焼け止めは種類によっては肌に負担がかかるものもあるので敏感肌や肌が荒れやすいという人は日焼け止めの選び方に注意をしましょう。
日焼け止めスプレーのメリット
日焼け止めの種類の中でも日焼け止めスプレーを使って行う紫外線対策のメリットについて調べてみました。
日焼け止めの効果の持続時間
日焼け止めは一度塗ったら紫外線対策はバッチリと思っている方も多いと思いますが、実は効果が続く持続時間というものがあるんですよ。
日焼け止めの正しい塗り方
日焼け止めを適当に塗っていると当然のことながら紫外線防止の役割は減ってしまいますので正しい塗り方を知っておきましょう。
飲む日焼け止めに副作用はある?
飲む日焼け止めは塗るタイプと違って口の中に入れるものなのでそれに対して副作用などを心配する方も多いと思うので調べてみました。