MENU

日焼け止めスプレーのメリット

日焼け止めは、紫外線から身を守るためには有効な方法です。
しかし、塗るタイプの日焼け止めにはデメリットもあります。

 

 

塗るタイプの日焼け止めは、水や汗によって流れ落ちやすく何度も塗りなおしをしなければなりません。
ですので、海水浴をするときやプールで泳ぐときはもちろん、スポーツで汗を流すときにおいても日焼け止めを塗る必要があり手間がかかる点が欠点になってしまいます。

 

 

そこで注目されるのが日焼け止めスプレーです。
従来の塗るタイプが主流となっていた日焼け止めに代わる新商品として現在注目を集めている日焼け止めスプレーのメリットとしては、手軽に利用できるという点が大きいです。

 

 

使い方については、肌が露出している部分にスプレーを吹きかけるだけで紫外線対策ができます
次に、日焼け止めクリームやジェルなどの商品では髪の日焼けができないという点がネックとなっていました。

 

 

そのため帽子をかぶることなどで対策をとっていましたが日焼け止めスプレーでは髪の日焼けも防止することができるという点でも非常にメリットがあり、人気です。

 

 

髪の日焼けは案外見過ごされがちですが、放置してしまうと枝毛や切れ毛を増やしてしまい、また髪の毛の色が抜けてしまうことにもなります。
その結果将来的に薄毛の原因として数えられるほどに重大な事態を引き起こします。

 

 

ですので、髪の日焼け止め対策に適する日焼け止めスプレーの登場で便利になってきました。
日焼け止めスプレーの価格については、千円前後が主流となっています。かなり手ごろな価格で購入することができます。
通販サイトでも取り扱いされていますが、最近の薬局やドラッグストアでは日焼け止めスプレーが人気の商品となっており購入方法については容易です。


関連ページ

ノンケミカルの日焼け止めとは?
最近話題になっているノンケミカル処方の日焼け止めが普通の日焼け止めと何が違うのかについて紹介しています。
顔用の日焼け止めの選び方
日焼け止めには様々なタイプの商品や、体のパーツによって使い分けたりすることができますが、今回は顔用の日焼け止めの特徴と選び方について紹介しています。
日焼け止めのSPFの表示の意味
日焼け止めにはSPFという表示がありますが、これがどのような意味を持っているのかを正しく理解していないと日焼け止め選びに失敗してしまう可能性もあるので要注意です。
化粧下地と日焼け止めはどっちも必要?
日焼け止めの中には化粧下地を兼ねることができる商品もありますが、通常の日焼け止めの場合の化粧下地の塗り方などについて調べてみました。
日焼け止めが肌に与える影響について
日焼け止めは紫外線から肌を守る効果がありますが、反対に肌に刺激を与えてしまう可能性もありますのでその影響について知っておきましょう。
敏感肌のための日焼け止めの選び方
日焼け止めは種類によっては肌に負担がかかるものもあるので敏感肌や肌が荒れやすいという人は日焼け止めの選び方に注意をしましょう。
日焼け止めの効果の持続時間
日焼け止めは一度塗ったら紫外線対策はバッチリと思っている方も多いと思いますが、実は効果が続く持続時間というものがあるんですよ。
日焼け止めの正しい塗り方
日焼け止めを適当に塗っていると当然のことながら紫外線防止の役割は減ってしまいますので正しい塗り方を知っておきましょう。
飲む日焼け止めに副作用はある?
飲む日焼け止めは塗るタイプと違って口の中に入れるものなのでそれに対して副作用などを心配する方も多いと思うので調べてみました。